フリーランスとして仕事を続ける上で大事にしたこと

こんにちは!THE BRANCHの加藤です。

今回は、フリーランスとして仕事を続ける上で大事にしたことを自分の経験を踏まえてご紹介したいと思います。

僕自身、会社勤めを辞めWEBエンジニア・WEBマーケターとしてフリーランスを2年ほど経験し、その後会社を設立し、ご縁あって今年からエイチエフユナイテッド株式会社にジョインすることとなりました。

この2年間のフリーランス時代の話なので、そこまで大げさな内容ではないのですが、やんわり聞いてください。

フリーランスになる前は、「フリーになって仕事は続くのだろうか?」「自分がフリーになって大丈夫なんだろうか?」とか悶々としていたのを覚えています。経営者の知り合いからは「独立するということは、不安と不満のトレードオフなんだよ、キリッ」との言葉をかけられ「訳のわからないことを」と思っていましたが、その通り実際冷静に考えてみれば僕は、不安でしたw

フリーランスになって仕事を取り続けるということは、結構大変です。
WEB制作の仕事となると取り続けなければいけません。
専門の営業がいる訳ではないですし、プロモーションにお金をかけることもできません。
いまでは、フリーランス向けの仕事が受発注できるウェブサービスも沢山ありますし、SNSなどを活用して集客することも可能です。

でも、どうでしょう?それらもまた別のスキルが必要で、合わない人も多いのではないでしょうか?
僕も仕事柄SNS運用を行いますが、正直SNSは苦手です。

不安と不満のトレードオフってなんだよ

不安と不満のトレードオフってなんだよ

今振り返ってフリーランスに重要なのは、この2つだったかなと思うこと

でも、2年間仕事は切れることなく続きました。
運が良かったのかもしれませんが…。
でも、今振り返れば、この運を手繰り寄せるために、この2つを実践していたな、ということをご紹介します。

スバリ大きくこの2つではないかなと思います。

コミュニティーに参加する
相手の気持ちを汲み取った会話を心がける

コミュニティーに参加する

まずは、自分の仕事関連のコミュニティーに参加する。
見つからなければ、商工会とかでも街の勉強会でもいいかもしれません。
まずは、一歩踏み出して自分の知らないコミュニティーに飛び込むことは、てっとり速いです。

僕の場合、まずウェブ広告の運用コミュニティーに参加しました。
年収の10%は自己投資をしろ!と当社、社長がよく言うのですが、僕はその当時、なけなしの30万ほどを工面してドキドキでしたが「えいやー!」とそのコミュニティーに飛び込みました。

行ってみるとそこは、全国の広告運用の猛者たちばかりでとても勉強になりましたし、刺激にもなりました。いまでも良好な関係で仕事をしていたりします。自己投資してみるもんです。

その後も、WordPressなどいろいろなコミュニティーに参加しましたが、今となってはそれらで得られた人脈やスキルはかなりの財産です。

なので、もし不安をだと感じていても怪我しない程度に一歩踏み出してみてください。
いいことあるかもしれません。

相手の気持ちを汲み取った会話をする

フリーランスで独立する方は、専門のスキルを活用して独立されることが多いように思います。
いわゆる職人タイプの方が多いのではないでしょうか?

誤解を恐れず言えば、職人タイプの方は基本、話が下手です。
下手というか得意でない方が多いのかもしれません。
ですが、フリーランスになって仕事を取り続けて行く場合は、ここは避けて通れないので頑張るしかないです。

スーパースキルの高い方なら話が下手でも仕事は、舞い込んでくると思うのですが、それでもあまりに気難しいタイプだと仕事を回したくもなくなるものです。

僕が、会話の中で気をつけていた事は

・相手の気持ちを汲み取って話す
・物事を分解して説明する
・自分が任されている以外の仕事にも多少の知見をもっておく

「相手の気持ちを汲み取って話す」で、よく言う例なのですが
「1〜5の選択肢のうちどれになりました?」と尋ねたとき
「1と2と4と5以外になりました」と言われたことがりました。
「3に決まりました」では、なかったんです。
この場合、この人の頭の中には5つの選択肢の絵が浮かんで1づつ潰していったのでしょうが、相手の立場になった回答ではないなと思いました。
こういう回答が返ってくると、この人に仕事任せて大丈夫かなとか、いろいろ考えてしいます。
相手が欲している回答を丁寧に話すように心掛けましょう。

「物事を分解して説明する」では
よくメールなどでも一文の中にいろいろな要件が入り混じった文章で送られてくる方がいます。
お客様の場合は、これでいいとしてフリーランサーとして仕事取っていくなら、要件にはルビを振ったり箇条書きにするのがいいですよね。
会話でも同じことが言えるのではないでしょうか?
何事も分解して個別に考えて行くことがオススメです。

「自分が任されている以外の仕事にも多少の知見をもっておく」では
聞かれたことにプラスワンして回答ができると信用度は、格段に上がります。

例えば、

・プログラマーでもデザインについて答えられる
・インテリアデザイナーでも集客について答えらる

など、そう来るか!というプラスワンがあるとグッときませんか?

最終的には多能工になって行くことが重要になって来るのですが、まずは話だけでもできるようになりましょう。
知ったかぶりは絶対に駄目!常にアンテナを張ってインプットしていきましょう。
その為にも本を読んだりコミュニティーなどに参加して人との交流を増やし知見を広げることがオススメです。

交流会「BRANCHILL」開催

宣伝になってしまって恐縮なのですが…
そんなフリーランスの方に最適なTHE BRANCHの交流会「BRANCHILL」を8月6日(金)18:00に開催いたいます。

参加費は、無料です。
非会員のビジターさんもご参加いただけます。
ドロップインメンバーさんや、利用時間外となるモーニングメンバーさん、ビジターの方が参加される場合はドロップイン料金のみをご負担ください。

当日は、僕も参加します。
皆様とお会いできること楽しみにしています。

詳しくはこちらをご覧ください。
交流会『BRANCHILL』8月6日(金)18:00開催のご案内

オープニングキャンペーン
テレワーク・デイズ2021応援キャンペーン